シャンプー

清潔な人も、度が過ぎると問題になることがあります。
汚れを落としたい一心で、1日に何度も洗髪する人や、大量のシャンプーを使う人がいますが、何でもやり過ぎは良くありません。
頭皮の角質を傷つけることだけではなく、天然保湿成分を失うことになり、バリア機能を弱めてしまうのです。
その結果、かえってフケが出たり、皮膚炎を起こすこともあります。
皮膚炎は抜け毛の原因となりますので、くれぐれも注意!
シャンプーを使ったあとは、十分にすすいでよく落としましょう。
シャンプー液を頭皮に残すことは、毛根を痛めることになります。
「朝シャン」をしている人もいるかもしれませんが、シャンプーは1日に1回!
しかも夜にするのが理想的です。
シャンプーは汚れを落とすためにおこなうものです。

また髪の毛は一定のヘアサイクルによって生まれ変わることをご存知でしょうか?
その新陳代謝を支配しているのが、毛根にある毛乳頭。
強いストレスを受けることによって、交感神経と副交感神経がアンバランスになっていて、毛細血管が縮小します。
毛乳頭への栄養補給が不十分になるのです。
その結果としてヘアサイクルが阻害されて、薄毛の原因に・・・
円形脱毛症にかんしては、自己免疫という特殊な病態でおこるといわれています。
ストレスが原因になることは有名です◎